手術後5日目_シャワー解禁

2016.07.27.23:30

手術後、5日目を迎えました。


朝の回診で、
ドレーンの管が抜けました。

なんか、スッキリ!
これで、シャワー、解禁です。
手術の傷には、大きなテープが張られています。
濡れても大丈夫なんだって。
5日ぶりのシャワーは、とっても気持ちよかったです。
髪の毛を自分で洗ったりするのに、さほど不便は感じなかったかな。
ちょっと、頭を余分に傾けていただけ。

大抵は、ドレーンが抜けると、翌日退院となります。
私は、まだ退院のお話は出ませんでした。
脚の不具合があったからかな?

さて、その右脚の痛み。
随分と良くなりました。
脚をついた時に出た、キュンとした痛みも、ほとんどなくなっていました。
もっとも、ロキソニンと湿布薬は、継続して使用していましたが。


整形外科の診察。


「良くなっているの? それじゃ、様子を見てみましょう。 
精密検査の必要ないんじゃないかな。 寝返りがうまく打てない状態だからね。寝違えたのかな?」   by ドクター



寝違えた?


今まで、寝違えると言えば、せいぜい、首か腰。
脚も寝違えること、あるの? 
入院中って、いろいろな予期せぬ出来事が、起こるもんですな。
これって、年のせいもあるのかしら?


リハビリは、外科に加えて、整形外科の方も、追加されました。
足の動きを調整していただきました。
そこで、入院中は、腕、肩の調整に加えて、右足の調整までしていただき、大いに助かりました。
その後、順調に足の痛みは取れたのでありました。


シャワーは、その後、自宅にいる時の様に、毎日入っていました。
脚が治るにつれ、コンビニまで、お散歩がてら、よくお買い物に出かけるようになりました。
また、病棟散歩も、していました。
この時、 緩和病棟の談話室が、とてもきれいにデコレーションされていたので、ちょこちょこ出向いたのですが、すぐに追い払われますね。関係者以外は、立ち入り禁止の様でした。

緩和病棟の患者さんは、個室病棟の団欒所に、ときどき看護師さんと一緒にいらしてたのですけれど。
患者さん同士で交流する、と言うものでもないのかもしれません。





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : ドレーン シャワー 整形外科 リハビリ 病棟散歩 緩和病棟

comment

Secret

ポチっと、please!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ことば

presented by 地球の名言

プロフィール

ラビ

Author:ラビ
2016年2月61歳で初発乳ガンが発覚。何で私が? と戸惑いつつも、まだまだこれから!経過を備忘録として綴ります。

3月:手術  
4月:ホルモン療法開始
6月:放射線治療開始


針生検および手術直後の3月下旬の段階では、硬癌、14mm、ステージⅠの早期がんと言われて、ホッとしていました。ところが、4月下旬に術後病理結果が判明した段階で、浸潤性小葉癌(多中心性)、16mm、グレード2、ステージⅡAの進行がんにグレードアップ(?)。ホルモン感受性陽性、HER2陰性、ルミナルA。

現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
これまでの閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
このブログの記事
お役立ちリンク
乳がん体験者のためのコミュニティサイトCheerWomanチアウーマン
図3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる