手術後4日目_リハビリの力

2016.07.24.22:00

手術後、3日目の午後から、突如歩けなくなってしまったラビさん。

手術後4日目の朝。回診で、

「どこか、悪いところでも出て来たんじゃない?」  by ドクター

整形外科の診察は、次の日まで待たないとなりません。
右脚は、痛いまんま。


どうして? どうしよう。。。 


胸の手術ではなく、脚の事でブルーな気分になろうとは。。。


お昼近くになって、リハビリ療法士さんがいらっしゃいました。
手術後、毎日リハビリを受けていました。
この病院では、療法士さんがお部屋まで来てくれます。

私が、事前にブログ体験談を読んで仕入れた知識では、患者さんが出向いて行くものだったので、ちょっとびっくり。
手術前に場所を確かめたところ、結構病棟からは遠かったので、行けるか心配していましたが、不要な心配でした。


この病院では、入院患者に対するリハビリは、全て病室まで訪問して実施するそうです。
特に、乳がん患者の場合は、近所の知り合いに内緒にしているケースが多いのだそう。
だから、病院でばったり、と言うこと状況を作りたくない患者さんが多いそうです。


乳がんが発覚した初期の頃は、人に話すこと、抵抗なかったんだけど。。。
今ならその気持ち、よく分かりますね。
「切ったらおしまい」の盲腸の手術とは、訳が違うから。。。


さて、脚の事を話したところ、腕と肩のリハビリが終わった段階で、ついでに見てくださいました。
右脚の可動域がおかしくなってました。

そこで。。。

右脚をひざのところで曲げて、療法士さんの脚にのっけて、膝をコンコン。

どんな状況か、口で説明するのは難しいのですが。。。


あら不思議! 可動域が広がったのよ!!
なんか良さげ


「無理しないで、様子見てね。」  by 療法士さん


右脚をついた時に出ていた、クニャーとつぶれるような、どうしようもない痛みからは、解放され、杖をつきながら、何とか歩けるようになりました。


骨盤と大腿骨が、微妙にズレてたような、感覚でした。


「点滴スタンド転がしながら歩くと、姿勢や歩き方がおかしくなるので、止めた方がいいですね。」  by 療法士さん


この後、寝たきり状態ではなく、徐々に座ることもできるようになりました。
3日目の夕方からは、右足の付け根が痛くて、座ることもできなかったのです。

でもこの日は、室内での移動だけで手いっぱい。
まだ遠くまでは歩くことができず、コーヒーはあきらめました。
熱湯は、団欒所まで取りに行かなくてはならなかったからです。

また、この日、婦人病棟にお引越ししますか、と言うお知らせが届きました。
とても、引越しできる状態じゃなく。。。
お断りいたしました。
個室病棟、確定の日。


ここで、個室病棟なら簡易キッチン付きなので、ポット持ち込めばよかったと後悔しました。
でも、今思うに、看護師さんに頼んでお湯を入れてきてもらうこともできたと思います。


結局、入院中って、予期せぬ出来事が、起こるものなんですな。
あれだけ、手術前に体験談、あさりにあさったけど。。。

乳がん手術の入院中に脚が痛くなった人の話は、出て来なかったわ。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 手術後 4日目 リハビリ療法士 リハビリ 個室病棟 婦人病棟 点滴スタンド

comment

Secret

ポチっと、please!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ことば

presented by 地球の名言

プロフィール

ラビ

Author:ラビ
2016年2月61歳で初発乳ガンが発覚。何で私が? と戸惑いつつも、まだまだこれから!経過を備忘録として綴ります。

3月:手術  
4月:ホルモン療法開始
6月:放射線治療開始


針生検および手術直後の3月下旬の段階では、硬癌、14mm、ステージⅠの早期がんと言われて、ホッとしていました。ところが、4月下旬に術後病理結果が判明した段階で、浸潤性小葉癌(多中心性)、16mm、グレード2、ステージⅡAの進行がんにグレードアップ(?)。ホルモン感受性陽性、HER2陰性、ルミナルA。

現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
これまでの閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
このブログの記事
お役立ちリンク
乳がん体験者のためのコミュニティサイトCheerWomanチアウーマン
図3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる