術後病理結果

2016.06.01.18:00

術後に、病理結果を聞いた記事は、なんと1か月以上も前、4月26日に号外として書いていました。

もう6月。
なのにブログ上は、ラビさん、やっと手術が終わって、病室に戻って来たとこ。
バァさまペースで、随分のんびり書いていますこと。。。
還暦過ぎた人の備忘録なんだから、別に構わないか。。。
でも見かけは40代にしか見えないんですけど。。。
要するに、気は若いけど、体力が付いて行かないんですな。


ブチブチ言ってるあたりは、やっぱりバァさまだ。
とにかく。。。

リアルタイムと、あまりに時間差が付いてしまったため、月も変わったところで、病理結果のご報告です。


退院後、2回目の診察日。
割と、早く呼ばれました。
この日も、一応ビデオ回してました。これ正解 
私の場合は、この時が一番混乱したから。


切除部分の肉片の画像の話から入りました。
ホルマリン漬けして、スライスした写真の説明。
白く見えているのが、イガイガ・コング(私のしこりの愛称)。

センチネルリンパ節への転移無し(3個)。よってリンパ郭清無し。

ところが。。。



しこりから3センチで切除したうち、乳頭に近い部分に1つリンパ節があったので、それを病理に回したところ、


転移あり。


「センチネルに行かずに、乳頭の方に流れてたんだね。」  by ドクター


この辺から、ラビさんアタマ真っ白け。。。
想定外の事態に、ポカ~~ん。。。

ドクターは、淡々と説明を続けているので、ビデオが記録を撮ってくれてます。

非浸潤癌もあったそうで。。。
ショウヨウガン、、、、とな?
それって、特殊癌でなかったか?
わたしなの???


想定内の質問をして見ました。

化学療法はやるんですか?

もし、どうするか、尋ねられたら、オンコタイプDX検査を受けるつもりでした。

「ラビさんのは、増殖能が低いホルモン感受性のあるタイプ。
化学療法をしても、上乗せ効果がほとんどないので、必要ないでしょう。」   by  ドクター 


化学療法が入る可能性は、想定していたんですけどね。。。
ブログ徘徊してかき集めた、副作用の攻略法。
結局、必要なかったのね。。。


「小葉癌は、転移しやすいと言われています。
でも、断端陰性なので、病巣は取り切れました。
ホルモン療法が効きやすいガンと言われています。」   by  ドクター



あくまでも冷静で、決してネガティブなことは言わない、ベテラン先生でした。


術前検査では、硬癌だったのよね。
特殊癌に変更するとは。。。

そっちかい! 




参考までに、私の病理結果の詳細、書いておきます。

ER 8
PgR 7
HER2 0
MIB-1 13.3%
ルミナルA ホルモン感受性のある増殖能の低いガン
術式 左乳房部分切除+センチネルリンパ節生検

組織学的腫瘍径 16mm (=浸潤径)
組織型分類  浸潤性小葉癌(多中心性)
組織学的悪性度 Ⅱ
乳管内進展 1㎝ 未満
断端 陰性
リンパ節転移 あり
最大径2mmの非浸潤性小葉癌あり。
ステージⅡA 進行がん




 今日のバラ  

バラ園で撮ったお花を、順番にアップロードしています。
本日は、ブルームーンです。

CIMG3117.jpg




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 病理結果 浸潤性小葉癌 ビデオ 非浸潤性小葉癌 ルミナルA 転移 ホルモン療法 化学療法 ステージⅡA 進行がん

comment

Secret

個々に違う。

2016.06.01.18:51

こんばんは。
ラビさんの病理検査結果見ました。ルミナールAで抗がん剤治療無しですね。
術前後で話が違うと戸惑いますね。抗がん剤治療無しは良かったです。放射線治療もホルモン治療もそれなりに大変だと思いますが、脱毛は無いし身体へのダメージも少ないかと…
私はルミナールBで、来週から抗がん剤治療が始まります。不安で怖くて仕方ないですが…3週間×8クールです。
自分の身体は自分で治さなくてはいけませんよね。免疫力を付けて、心を強く持って、お互い頑張りましょう。

Re: ぴろこ さま

2016.06.01.23:02

そうですね。癌細胞と言っても、自分の細胞の変異型。
だからこそ、人それぞれなんでしょうね。

手術後の治療。まさに正念場かもしれません。
なんとしても、初発組にとっては、再発転移を防ぎたいもの。

ぴろこさんは、これから化学療法開始ですか。 
期間限定の我慢ですもの。頑張れますよ。
治る!治す!!と心に誓って、自分の免疫力をアップさせることに、集中して行きましょう。

はじめまして。

2016.06.01.23:47

はじめまして。

きろろんと申します。41歳既婚です。
病理結果の記事を拝見しました。


私も同じく浸潤性小葉がんです。
ステージⅡa、悪性度も2、ルミナルAと言われています。
ホルモン感受性陽性、HER2陰性です。

私は昨年3月に診断され、6月に手術で左胸全摘出しました。リンパへの転移は幸いありませんでした。

ただ、術後の治療が、年齢が若いからということで、抗がん剤治療を追加した方がいいと言われ7月から3週間おき4クールTC療法をしました。

今はノルバデックスという内服のホルモン療法をしていて7ヶ月経過しました。


再発転移の不安はやはり付きまといますが、いつ来るかわからない事に怯えるよりも、今を楽しく過ごしていこうと心掛けています。

お互い頑張りましょう♪

長文失礼しました。

はじめまして

2016.06.02.11:14

こんにちは。
いつも拝見させていただいています。
私は、58歳の誕生日前日に全適しました。
6月に告知されて1年になります。
私は、ルミナールBタイプと術後6ヶ月受診時に言われました。
術後病理結果を聞いたとき、抗がん剤の効果はほとんどないタイプと言われ、ホルモン剤のみです。
ただ、血管の侵襲があったので転移しやすいが増殖は遅い。
転移してもすぐには悪化しないし共存できますと。
講演会や患者会に行き、ホルモン剤が効果があるタイプだから抗がん剤はしなかっとたのかと納得しました。

ラビさんのブログを拝見して温泉の事とか、うんうんと頷きながら拝見しています。私は平気で入っちゃいました。

また、役に立つブログ拝見しに参ります。

Re: きろろん さま

2016.06.03.21:21

はじめまして。初コメ、どうもありがとうございました。

同じ癌種で、同じようなタイプでも、年齢によっても治療方針は変わってくるのですね。

初期治療の段階では、余計なことにとらわれず、ひたすら治癒を目指すと言うことに尽きるのだと思います。
前と同じ生活習慣に戻ったら、必ずガンも出戻ってきますよね。
まさに私の場合は、自分のリスク管理ができていない生活をしていました。

医療的治療プラス自分の生活習慣を健全化するセルフケア。

できることやって、それでも出戻って来られたら。。。
その時考えればよいこと。
それまでは、ガンを兵糧攻めにして、滅ぼすことだけ、考えましょう。

これからも、お互い、頑張りましょうね。v-91

Re: 久美子 さま

2016.06.03.21:40

初コメ、どうもありがとうございました。
返信が遅れて、申し訳ありませんでした。

「転移してもすぐには悪化しないし共存できます。」v-32

これは、患者にとって、安心材料ですね。
体内にがん細胞の芽が残っていて、たとえ将来転移したたとしても、悪さしなければ、問題にはなりませんよね。
コントロールできていて、日常生活に支障がなければ恐れるに足りません。

心強い情報、どうもありがとうございました。

私自身が、癌患者ビギナーで、分からないことだらけ。
皆様に教えてもらいつつ、安心材料を増やして行きたいです。

これからも、いろいろ教えてくださいね。
ポチっと、please!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ことば

presented by 地球の名言

プロフィール

ラビ

Author:ラビ
2016年2月61歳で初発乳ガンが発覚。何で私が? と戸惑いつつも、まだまだこれから!経過を備忘録として綴ります。

3月:手術  
4月:ホルモン療法開始
6月:放射線治療開始


針生検および手術直後の3月下旬の段階では、硬癌、14mm、ステージⅠの早期がんと言われて、ホッとしていました。ところが、4月下旬に術後病理結果が判明した段階で、浸潤性小葉癌(多中心性)、16mm、グレード2、ステージⅡAの進行がんにグレードアップ(?)。ホルモン感受性陽性、HER2陰性、ルミナルA。

現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
これまでの閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
このブログの記事
お役立ちリンク
乳がん体験者のためのコミュニティサイトCheerWomanチアウーマン
図3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる