入浴介助

2016.05.27.22:00

介護レベル2の父親のバースディ―で、温泉地にやってきた話を書きました。

入浴介助、大丈夫なの? と思いますよね。
その話を書こうと思って、この話題をブログに取り入れました。

昨日、テザリングでネットにつなげておりましたところ。。。
ドコモのLTEはなぜかダメで、3G.
ケーキの写真を入れたもので、アクセスがチョー・スロー
あきらめて、この話を、次回送りにしました。

本日、お宿にフリーWiFiがあること発見。
サクサク、進んでおります。
単に私が、ボケなだけ。。。

さて、温泉大好き、我家の雷親父殿。←昔かたぎの典型的親父
自宅のお風呂に入れなくなってからはしばらくたちますが、昨年9月までは、温泉地では、自分で入っていました。
弟のサポートはついてました。

今年の1月にこの宿に来た時、大好きな温泉に入らなかったのです。

「行かない!」とだけ言って、拒否。
でも、温泉旅行には行きたがる。。。


そこで、宿の所在地にある地域包括支援センターに問い合わせてみました。
事情を説明すると、介護ヘルパーさんを探してくれました。
また、宿の方にも事情を説明すると、入浴介助者を、快く認めてくれました。
ただし、介護保険は使えません。
居住している地域に制限されるそうです。

父は、「そんなの、いらない!」と主張してます。
でも、結局は、介助してもらって広~~い温泉に入ると、


「あ~~、気持ちよかった!」


と満足げ。

費用は、地域によって様々。
全額自費負担で、2000円で引き受けてくれるところもあります。
現在来ているところは、ニチイなので、お高め。
でも高齢者の場合は、安心料でもありますね。
父は、自力歩行、距離が短ければ杖をついて可能です。
客室はバリアーフリーですが、自力でトイレまで行ける状態です。


実は、末期がん患者さんで、温泉に入りたいけど不安、と言うブログ記事、以前どこかで読みまして。。。
入浴介助のサポート・システム、使えるのではないかと思いました。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 入浴介助 地域包括支援センター 介護ヘルパー 温泉 介護保険 介護レベル2

comment

Secret

ポチっと、please!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ことば

presented by 地球の名言

プロフィール

ラビ

Author:ラビ
2016年2月61歳で初発乳ガンが発覚。何で私が? と戸惑いつつも、まだまだこれから!経過を備忘録として綴ります。

3月:手術  
4月:ホルモン療法開始
6月:放射線治療開始


針生検および手術直後の3月下旬の段階では、硬癌、14mm、ステージⅠの早期がんと言われて、ホッとしていました。ところが、4月下旬に術後病理結果が判明した段階で、浸潤性小葉癌(多中心性)、16mm、グレード2、ステージⅡAの進行がんにグレードアップ(?)。ホルモン感受性陽性、HER2陰性、ルミナルA。

現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
これまでの閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
このブログの記事
お役立ちリンク
乳がん体験者のためのコミュニティサイトCheerWomanチアウーマン
図3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる