手術当日_良かったね!とりあえず。。。

2016.05.31.13:00

「ラビさん、ラビさん。。。」 by 看護師さん


く。。。  く。。。  くる。。。


「病室に戻ってきましたよ。 起きてください!」 by 看護師さん


息ができな~~い!


ここで、やっと酸素マスクをかぶせてもらえました。
ホント、死ぬかと思ったよ。
のどが痛い。。。
初体験の、呼吸困難(;゚Д゚)! 恐ろしい。。。


これが、麻酔が切れ意識が戻ったばかりの状態。

手術前の午前中、センチネルリンパ節生検の注射後の撮影のつもりで、パジャマのまま病室を出たラビさん。
そしてそのまま、手術室へ直行 

ドタバタしているうちに、意識がとんで。。。

呼ばれて目が覚めたら、息ができなかったという。。。

全身麻酔は、人生初めての体験でした。
局所麻酔に比べて、おちる時は簡単だけど、目覚める時は、結構大変なのね。


すぐに麻酔が覚めて、はっきりされる方の体験談の方が多かったような気がしましたが。。。

私は、当日はうつらうつらしていて、正直、あんまり記憶にございません。


主治医のK先生が病室にいらして、家族への説明をする時間がやってきました。

家族は、弟が実家からやってきました。
従姉が来てくれるはずでしたが、急きょキャンセル。ピンチヒッターでした。
よって、事前知識全くなし。病気に関する関心もなし。
そこで、ビデオ撮影をお願いしていました。

ところが、本番。。。


「あれ、撮れないよ~~。」  by 弟


そこで、K先生。


「ラビさん、聞いてる?
センチネル、OK. リンパ郭清無し。
ステージⅠ。 早期がん。
良かったね! とりあえず。。。」



ステージⅠか。早期がんでホッとしたぁ―― ε-(´∀`*)ホッ 


私が記憶しているのは、これだけ。
もっと説明もあったようですが、弟からは、「いろいろ説明があった。」とだけ。
マァ、もともと期待はしてなかったけど。



主治医の言葉、「とりあえず」の意味が分かるのは、1か月後。


病理結果が出るまでの、1か月は。。。
心穏やかに過ごすことができました。



本日のバラ 

CIMG3093.jpg

バラ園を見に行った時の写真を、順番に掲載しています。





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 手術後 麻酔 全身麻酔 酸素マスク 家族 主治医 病理結果

手術当日_手術室入室まで

2016.05.30.13:00

途中脱線しておりましたが、やっと手術当日の話までやってきました。

私は、2番目の手術予定だったので、オンコール。

午前中はセンチネルリンパ節生検の注射待ち。
ネット情報によると、この色素を入れる注射が、とても痛いらしい。

ロキソニン飲むか飲まぬか、、、結構悩みました。
問題は、食事なしだと、胃薬一緒に飲んでも、胃を痛めるのではないか、と心配したこと。
胃にポリープがあって、健康診断のバリウム検査では、必ず要精密検査になってしまう。。。
注射の痛みは1回だけど、胃潰瘍の痛みは続くわよね。。。
よって、我慢することに決定。

でも。。。お腹空いた。。。
お夜食食べてたけど、お腹は空く。。。
点滴入れてても、やっぱり、おなかは空く。。。


やっと、注射をする部屋に呼ばれました。
主治医のK先生を待つ間、看護師さんに聞いてみました。 

痛いの?


「痛いですよww! 覚悟しておいてくださいね。
叫ぶ人もいます。
特に、乳輪に注射されると、痛いようですよ。
でもK先生は、乳輪には注射しないから、安心してください。」



ドキ  ドキ  ドキ      


K先生がいらして、「痛いけど、我慢してね。」とプチ。


痛かったけど、我慢できないレベルじゃ、なかった。 ヤレヤレ。。


色素が流れるのを待って撮影、とかで、いったん病室に戻って待機。

親族として、弟が来てくれました。手術中は家族用待合室に移動して待機するように言われたとか。
手術前日の説明では、家族はそのまま病室にて待機、と指示されていたので、どっちか、確認しました。

個室病棟の患者家族は、そのまま病室にて待機すればよいと確認。
家族用待合室の場合は、他の手術患者さんの家族と合同になるとか。
個室で待機の場合は、TV見ながら、自由に待っていられるそうです。


さて、撮影するので再び検査室へ。
そうしたら。。。

再注射! 

色素が滞留してしまって、流れてないんだって。


「K先生はオペ中なので、代理の先生が来るまで、しばらくお待ちください。」


また、あの痛い注射、するのwww?
1回目は、我慢したのにさぁ~~。

固い検査台の上で、横たわって待つこと。。。30分以上。
だんだん背中、痛くなってきた。。。
起きて待つ、とか言って、起き出したら、代理先生がおいでになりました。


イガイガ・コングのま上あたりにブチッ
今度は、色素がちゃんと流れるように、グリグリ。


ふたたび病室に戻って待機。
ほどなく、撮影するからと検査室に逆戻り。
そして、手術は12時からと言い渡されました。

さて、検査室での撮影も。。。
痛くはなかったけれど、結構時間かかりました。
うまく撮れなかったみたい。
何回も撮りなおしました。


そうこうしているうちに、手術室でお呼びがかかりました。

トイレ、行きたぁ~~い!

近くのトイレに連れて行ってもらい、そのまま手術室へ直行。


え? こんなにバタバタした体験談、読んだことなかったけど。。。???


担当者とごあいさつして、点滴開始。
前日の夜お会いした、麻酔科の女医さんとも、
主治医のK先生とも顔合わせする以前に。。。




私の記憶は。。。とんだ。





話変わって。。。。

バラ園を訪れた時の写真を、順番にアップしています。

CIMG3092.jpg

これは、サンフレーアと言う品種です。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : センチネルリンパ節生検 注射 色素 オンコール 手術室 家族

術後の温泉、どうしてる?

2016.05.28.22:00

父の93歳のバースディ家族温泉旅行。
私の乳がん発覚前から、すでに決まっていた事でした。

手術後2か月だと、どうなんだろうか?
放射線治療始まっていたら、温泉入るの、諦めるしかないなぁ。。。

半ばあきらめていた温泉でしたが。。。
放射線治療開始は、家族旅行の後でも良いことになって、、、、


おっ! ラッキー 


がぜん、温泉楽しむ気になったラビさん。


バスタイムカバー。。。ネットで注文しようとしていました。


ところが。。。


着用していて、嫌な思いをした体験談発見。


そっか。。。 私もそんな嫌な思いしたくないな。。。


ホテルに確認の電話しとくって手もあるよ。


宿泊客から、文句言われる、ってケースもあるかも。。。
説明するのもメンド―だし。
傷痕、見せなきゃならなくなるかも。。。???
スッゴク、不快な思い、することになるよね。。。


さんざん悩んだ挙句、バスタイムカバー、やめた。。。


タオル2枚で対応することにしました。

まず1枚目、普通のタオル。
手術前から、通常使用のもの。
洗髪した後は、頭に巻いていました。
よって、髪を洗ってしまうと、露天に出る時も、カバー無しで、そのままスタスタと歩いておりました。

今回、2枚目として、ガーゼタオルを使用してみました。
これがなかなかスグレもの!
軽くて薄いので、濡らしてしまうと、体に張り付いてくれるのよ。
肩から前面カバー状態になるので、不自然感もなし。
浴槽に入る時は、さっと取ればよいだけ。


今回は、ピーク時間帯は避けました。
でも、ヒロ~~い浴槽で、のびのびと温泉に浸かるの、気分いーー!!


ん? 還暦過ぎたバァさんでも、気にするのかって?
いくつになっても、女性なのよ!


ところで。。。

私は、4分の1切除でしたが、外見上は、胸の膨らみ、それほど変化はありませんでした。
自分の目線から見ると、欠けている部分、分かりますが。
傷は大きかった。乳輪から、腋の下まで。
今は、テープが張られています。



話変わって。。。

バラ園に行って来ました。
今見ごろ。
お花に癒されてきました。

写真のない殺風景なブログなので、1枚ずつ、アップしていくことにします。

CIMG3088.jpg

これ、実家にあるのとおんなじ




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 温泉 温泉旅行 バスタイムカバー タオル ガーゼ 浴槽 ホテル 宿泊客

入浴介助

2016.05.27.22:00

介護レベル2の父親のバースディ―で、温泉地にやってきた話を書きました。

入浴介助、大丈夫なの? と思いますよね。
その話を書こうと思って、この話題をブログに取り入れました。

昨日、テザリングでネットにつなげておりましたところ。。。
ドコモのLTEはなぜかダメで、3G.
ケーキの写真を入れたもので、アクセスがチョー・スロー
あきらめて、この話を、次回送りにしました。

本日、お宿にフリーWiFiがあること発見。
サクサク、進んでおります。
単に私が、ボケなだけ。。。

さて、温泉大好き、我家の雷親父殿。←昔かたぎの典型的親父
自宅のお風呂に入れなくなってからはしばらくたちますが、昨年9月までは、温泉地では、自分で入っていました。
弟のサポートはついてました。

今年の1月にこの宿に来た時、大好きな温泉に入らなかったのです。

「行かない!」とだけ言って、拒否。
でも、温泉旅行には行きたがる。。。


そこで、宿の所在地にある地域包括支援センターに問い合わせてみました。
事情を説明すると、介護ヘルパーさんを探してくれました。
また、宿の方にも事情を説明すると、入浴介助者を、快く認めてくれました。
ただし、介護保険は使えません。
居住している地域に制限されるそうです。

父は、「そんなの、いらない!」と主張してます。
でも、結局は、介助してもらって広~~い温泉に入ると、


「あ~~、気持ちよかった!」


と満足げ。

費用は、地域によって様々。
全額自費負担で、2000円で引き受けてくれるところもあります。
現在来ているところは、ニチイなので、お高め。
でも高齢者の場合は、安心料でもありますね。
父は、自力歩行、距離が短ければ杖をついて可能です。
客室はバリアーフリーですが、自力でトイレまで行ける状態です。


実は、末期がん患者さんで、温泉に入りたいけど不安、と言うブログ記事、以前どこかで読みまして。。。
入浴介助のサポート・システム、使えるのではないかと思いました。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 入浴介助 地域包括支援センター 介護ヘルパー 温泉 介護保険 介護レベル2

93歳のバースディ―

2016.05.26.22:00

父の93歳のバースディ―。


93歳バースディ―

家族で、温泉に来ています。

父は、介護レベル2。 すでに自立歩行での公共交通での移動は不可能。
でも、車いすで、公共交通使って、来ています。

温泉地。
乳がん手術後だからねぇ。
今回の温泉は無理かなぁ~~と思っていたのですが。。。


放射線科の先生が、


「温泉旅行の後から始めてもかまいませんよ。」


とおっしゃって下さったので。。。
温泉を楽しむことにしました。


どっちが大切かっツー 


心のゆとりも、大切よ!


水平線上に昇る朝日が有名な場所なんだけど。。。

明日の予報は、あいにくの雨です。



本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 93歳 バースディ― 温泉地 介護レベル2 公共交通 放射線科 心のゆとり 乳がん手術

手術前夜_夜なべ仕事

2016.05.25.08:00

3月末っていうと、何かと忙しい時節柄。

手術前夜、外泊許可を取って、朝帰り。徹夜で手術を迎えました、と言うつわものがいらしたこと、ブログ記事で読みました。

こんな手もあるんだ!


あいにくと、私の病院では、手術前夜の外泊はできませんでした。
病室はWiFiは使えなかったけど、テザリングはOK.
これなら、PC持ち込めば、何とかなるサ、と踏んだラビさん。

案の定、入院当日までに、仕事を完了させることはできませんでした。
まだ間に合う!
入院しちゃえば、とにかく暇だし。。。
仕事付で、入院しました。

さて、夕食は6時。
バランスのとれたおいしいお食事ではありましたが。。。

足りない 


いつも、満腹になるまで食べる人は、乳がんになりやすい、とは言われてますが。。。
そう。。。かも。。。


病院内のコンビニ、遅くまで開いているとのことだったので、慌てて食糧調達へ。
パンとかプリン、ヨーグルト、飲み物などを、買い足しました。
病室に冷蔵庫あってよかった!


手術前夜は、9時以降は飲食禁止とか。
夜なべ仕事が待ってたので、8時ごろお夜食。
保温式の水筒を持参していたので、コーヒーも楽しめました。
ただ。。。

病院は、9時消灯。
9時までには、仕事、終わりそうもないじゃん。。。


廊下の電気は9時には消されましたが、
病室の方は、特に何も言われず。


それをよいことに、マイペースで仕事を進めました。
サーバーにさえつながっていれば、場所を選ばない作業。
病院にいようが、外国にいようが、今はどこでも仕事できちゃうのよね。

さて、思ったより時間がかかって、作業終了したのは、午前2時。
でも、トイレも洗面台も、全て室内にあるので、室外に出る必要もなし。
眠剤使って、ほどなく眠りにつきました。

朝は、6時起床。4時間の睡眠か。。。
でも、手術中、手術後、患者はひたすら寝ているだけだし。。。
頑張って仕事してくれるの、ドクターだしね。
こんな思いもありました。


さて翌朝。

なんと、6時にたたき起こされることはありませんでした。

検温とか来たのも、7時過ぎてたし。。。

室内の電気を付けられることもなく、遮光カーテンを開けられることもなく。。。
手術当日なので、朝食もなし。
割とゆっくり寝かせてもらえました。

当直の看護師さんからは、

「昨夜は結構遅くまで起きてましたねぇ。お仕事ですか?」

気遣っていただけたのかしら?


いっつも泥縄で、ドタバタやってるラビさん。
手術前夜、個室病棟にいて、救われました。


ところで。。。。


この仕事、締め切りは4月のアタマでした。
それなのに、何でそんなに焦っていたのかと言いますと、
手術後は、仕事どころじゃないんじゃないか、と思っていたから。

心配には及びませんでした。
思ったより、回復、早かった!




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 手術前夜 夜なべ仕事 徹夜 夜食 消灯 起床 個室病棟

入院当日(1)

2016.05.23.18:00

入院当日。チェックインは、1時半。
早めに行ったので、がらんとしていた受付も、次第に新規入院患者さんでごった返して来ました。
案内されたのはほぼ最後。これは、受け付け順ではなく、病棟の看護師さんが迎えに来た順だったから。
結果、ズ~~ッと人間ウォッチング。。。
でも、送って来てくれたお友達には、悪い事しちゃった。。。


入院初日は、ごあいさつが主体。
病棟の看護師さんとか、リハビリ担当者、いろいろな部署の方たちとの顔合わせをします。
その合間に、荷物を各所にセッティングして、使い勝手の確認。

ブログで仕入れた情報をもとに、S字フックをベッドの手すりにかけ、いろいろな物をぶら下げて、寝ながら状態で手が届くか、使い勝手をチェックしました。

実は、コレ、私が入院した病院では、全く機能しなかった

手術後、病室に帰って来てみたら、全部なくなってたから


当日来てくれていた弟に尋ねたところ、私が手術室に入ったら、看護師さんから全部取り除くように指示されたそう。
点滴とか、いろいろな物が来るので、看護に支障が出るのだとか。

病院によって、いろいろ細かい点が異なるようなので、事前に確認しておくと良かったようです。



さて、私は個室病棟に案内されたものの、2人部屋を見学に行ったりなんぞしていたため、パジャマに着替えたのは、夕方。

入院当日のメインイベントは、主治医のマーキング。
エコーを見ながら、マジックでしるしを付けます。

私のイガイガ・コングは、14ミリの小型サイズのしこり君。
事前にネットで仕入れた情報だと、切り傷もほとんど目立たないハズ。。。と踏んでました。


「しこりから、3センチ以上離して切り取るよ。再手術は、絶対避けたいから。
乳房4分の1切除。開いてみて、もしエコーに映っていない病巣があった場合は、全摘もありうるから、そこは覚悟してね。
癌、取り除くことが最優先だから。」   by ドクター


メスを入れる位置、聞いてみました。
ケッコウ、大きいのね。。。


温泉、もう行けないのかなぁ、と聞いてみたら、大丈夫だよ、とのおコトバ。
もっとも、なにが大丈夫か、は、人の感じ方それぞれではあるわね。


湯船に浸かっても良いか、聞いてみました。


「病院には、シャワーしかないよ。」  by ドクター

「個室病棟には、浴槽付の入浴ルーム、あります。」   by 看護師さん


え? 先生も、病院の施設の事、良く知らなかったの? 

もっとも、ドクターが患者さん用の入浴施設、使うこともないか。。。
一般病棟にはシャワーしかないそうです。


個室病棟だったので、手術前、ゆったりと湯船に浸かって、のんびりできたラビさんでした。
手術後は、しばらくはシャワーのみになるので、ラッキー
VIP待遇を味わった一時でした。


つづく





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 入院初日 個室病棟 挨拶 S字フック 入浴 浴槽 シャワー 病院

母の13回忌

2016.05.22.08:00

母の13回忌があって、実家に戻ってました。

実家は首都圏にあり、現在の私の家は、地方都市。
盆暮れなど、民族大移動の時でも、逆方向移動なので、渋滞横目にスイスイ移動です。

さて、お坊さんのお話。

あの世に行った御霊は、ちょうど12年間修行を積んだのだそうです。この世で言えば、子どもが小学校を卒業する年。
故人があの世で仏様に近づくための修業を積んでいる節目の年として、法要を営むそうです。

子どもが小学校を卒業するのって、確かに親にとっては一つの節目。故人も同じかと、ふっと法要が身近に感じられました。

12年前、母は肝臓がんで、この世を去りました。
記憶力の良い方、ひょっとして、疑問に思われたかも。。。

以前、ラビさん、ガン家系ではない、とか書いてなかった? と。
ハイ、書きました。
母の場合は、40代半ばでC型肝ウィルスに感染している事実が、発覚しました。
昔の事だから、予防接種の注射針の使いまわしによる集団感染があやしいかと。
遺伝性ではない、と言う理由で、ガン家系ではないと書きました。


いつ感染したのか、不明ってことは。。。
胎児感染もありうる、とか。
この事実に、私もちょっとビビりました。大人になってからですが。

検査2~3回やりましたが、すべて陰性。C型肝炎ウィルスには、感染していませんでした。
AFP値が高いのは、これと関係するのか、しないのか。これは未だに????


さて、母の生き方、書いておこうと思いました。
基本、母は、無治療を選択しました。
無治療、と言う言い方は、不適切なのかな?
積極的な治療は、一切拒否しました。副作用がいやだと言って。
40代の頃から、私の寿命は60歳、とか言ってました。
70代に入ってからは、長生きできて幸せだ、と言ってました。
我家は、健康家族。
病気持ちの人がいなかったので、病人と言う状態がよく分かりませんでした。
母が、ウィルスキャリアーからいつC型肝炎を発症したのか、記憶に残っていません。
近所の内科クリニックに定期的に通っていただけです。
特に病人らしいところはなく、趣味にスポーツ、旅行と、ハツラツ有閑マダムそのものでした。

他界する、2年位前には、ちょっとスローモーになってたかしら?
年のせいよ、と言われ、そのままその言葉を信じてました。
1年半前には、一緒にカナダのトロントからナイアガラの滝をめぐって、プリンスエドワード島の赤毛のアンの舞台を訪れました。
当時、すでに歩くのはしんどくなっていましたが、のんびりとした家族旅行を満喫しました。

カナダの旅を終えてから、精密検査で、末期がん宣告。
実はこの時点で、私の両親は、子どもたちには言わない決断をしたのです。

????

書いていて、疑問に思えて来ました。
当時、両親は、母が75歳。父が80歳。
病状説明の段階で、私は両親とは同居していなかったため、同席はしませんでした。
あるいは、両親ともに、病状の把握は、正確にはできていなかったのかもしれません。

とにかく、私が母の病状を知ったのは、それから1年後。
仰天して実家に戻り、当時通院していた総合病院、転院前の大学病院まで出向いて、病状を説明していただきました。
てんやわんやの騒ぎとなりましたが、時すでに遅し。。。
検査入院と称して、実験的な手術に同意させられていた事後で知って、驚愕したこともありました。
おい、大学病院、キタネーゾ!

でもその前に、高齢の両親まかせにしていた自分‼ あんたが一番無責任ダ!

この点に関しては、今でも自分が情けないです。


母は40代半ばで、自分が将来肝臓がんになることを想定して、それでもなお積極治療は選ばなかったという生き方を選択しました。12年前の私は、母の気持ちが分かりませんでした。

いまは。。。

私なら、40代であれば、積極治療を目指したでしょう。
でも、私は自分で稼ぎのある身分。
母は専業主婦。
自分のために、高額な医療費負担を父に強いることに、抵抗があったのかしら?


それとも。。。


今流で言うところの、食事療法、生活習慣を整えることのみで、QOLを保とうとしていたのかしら?


転移もなく、他界する1年半前には、海外旅行も楽しみました。
2か月前まで、旅行にも行ってました。自分で、温泉にも入っていたのよね。モチロン、私のサポートはついてましたが。


抗がん剤治療を拒否し、積極的にがんと闘うことをせず、静かに自分の寿命と受け入れ、自分の生涯を閉じた母。


母の生き方を見て、今私は何を思うのか。



いや、今の私は、


治る! 治す!! で、行くぞww~~ 




お知らせ
ブログ訪問時の足跡、消しました。 招かれざるお客さん、呼び込みたくないので。。。
ご了承、くださいませ。



本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 13回忌 法要 肝臓ガン C型肝炎 C型肝炎ウィルス 集団感染 AFP値 末期がん

病室選び☆1人or2人?

2016.05.19.18:00

入院準備で、大部屋か、個室か、聞かれますよね。
私が入院することになった、地方都市の総合病院の場合、建て替えたばかりのため、一人部屋か、二人部屋か、の選択でした。

1人部屋だと、差額室料がかかります。2人部屋だと無し。

二人なら、特に問題ないのではないの?

多分ね。。。

でも。。。


ここで悩みました。

ブログ徘徊していた時、入院中に不愉快な思いをされた記事を散見したからです。


多く見られたのが、見舞客の大群がワイワイ四六時中たむろすタイプ。
お一人様シニアにとっては、耐えがたい苦痛だわね。


他に、これはブログでは見かけませんでしたが、私自身の体験。
20代の時に、スキーで膝を怪我して、入院手術となりました。
お隣のベッドの方、とても上品な年配の女性だったのですが。。。。



大音響  の い  び  き  



暴走バイク並みの音量がありました。


とても眠れたもんじゃない 


母に、耳栓買ってきてもらいましたが、やっぱり駄目。
遮音効果がなかったというより、耳栓したまま熟睡はできませんでした。
結果、極度の睡眠不足に陥り、結構きつかった。。。


そこで、手術当日と翌日ぐらいは、個室にしたいと思ってました。

ところが、病院の方も、そう都合よくは、病室準備してくれないわけ。


「空いてたら、個室に移っていいですよ。保証はできません。」  by 事務員さん


入院当日に高い差額代支払うの、バカバカしいじゃん。。。。
さりとて、手術なんて、人生でそれほど遭遇する場面でもなし。。。
そこで、敢えて不愉快な思いをする必要もないか。。。
たかが、1日増えるだけだし。。。


やむなく、入院初日から個室希望として提出しました。


さて。。。


入院当日案内されたのは。。。


個室病棟。個室B.

この病院、個室でもランクがあってAからCまで。 特別室は、ラビさんには論外。
個室A を希望していたんだけれど。。。


「満床のため、Bのみです。」


広いんです。ケッコウ、快適。
トイレも広く、キッチン、冷蔵庫付。
当然、差額室料もお高い。


仕方ないか。。。
とりあえず、荷物を置いて、看護師さんに聞いてみました。


手術後、数日したら、二人部屋に移りたいと思ってます。
その前に、お部屋見たいんですけど。。。?


病棟の看護師さんに都合を聞いて、連れて行ってくれると言います。
乳がん手術の患者さんは、みなさん、女性病棟と言うところに入院します。
個室A(差額室料が安い方の個室)も、同じ病棟の病室しか使えないそう。
1人部屋も、2人部屋も、私が入院した3月下旬は、女性病棟は満床、とのことでした。

私が、個室病棟の看護師さんに連れられて、女性病棟の2人部屋を見学に行った時。
トイレに一番近い病室の扉が開いていて、中を見せてもらうことができました。
年配の女性が一人。
ただ、ポータブルトイレをご利用中の方でした。

つまり、臭うわけね。
だから、扉があけっぱなし。
トイレに近いと言うことは、常に人の往来があると言うこと。


自分の病室に戻ってから、看護師さんに聞いてみました。


2人部屋に移るときは、あそこですか?


「多分ね。ほかは、空いてないそうだから。」  by 看護師さん


音も辛いけど、臭いもつらいわよね。
扉は空いたままだし、カーテンあってもね。。。
私が通路側になるわけだし。



入院当日は、手術後の体調を見て決める、と言うことで、そのまま部屋を移らずに落ち着きました。

結局、手術後も、個室Aが空いたら移りたい、と希望を出しておいたのですが、チャンスは来ませんでした。


さて、全て終わってみて、どうだったか。
差額室料代は高くつきましたが、ストレス・フリーで、快適でした。

今にして思うことは、初めから腹をくくって、全期間個室にする、と決めていれば良かった。。。。
持ち物が変わったからです。

2人部屋だと必要だったもの=クズカゴ、洗面器

個室では不要でした。

2人部屋では、電気製品の持ち込みを禁止されていました。置く場所がないから。
個室は広かったので、PCだけでなく、音楽聞いたり、お香やアロマなんかも楽しめたのに。。。

ご家族のいる方であれば、途中で持ってきてもらうこともできるでしょうが、お一人様は、初めに持ち込まないと、無理。


冷蔵庫やキッチンがあること、想定していなかったので、コーヒーカップなど、最低限のものしか持ち込みませんでした。
急きょ、手術当日に来てもらった弟に、家から、オレンジやペティナイフ、キャンプ用まな板などを持ってきてもらいました。


いつも、悠々自適に暮らしているお一人さまシニア、なればこそ。
体調の悪い時に、24時間他人と一緒にいられますか?

チマチマと目先の損得にとらわれず、
自分の快適さを最優先させて、
必要経費と、最初っから割り切っていればよかった、とつくづく思います。
そのための、お給料。我慢料だったわけですから。


個室病棟のメリットは、また後で書きます。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 病室選び 個室 差額室料 病院 乳がん手術 臭い いびき 見舞客

【術前・術後】 腰痛対策

2016.05.17.21:00

術前検査が終わり、入院まで2週間以上の期間。何を準備すればよいのか。

勿論、病院からは、必要な物のリストは渡されているのですが、それだけでいいの?

皆様のブログ徘徊して、情報集めます。

多くの人が嘆いていたのが、手術日の腰痛

腰痛持ちのラビさん。 えらいこっちゃ! 


かかりつけの整形外科に行って、痛み止めのロキソニン、湿布薬、眠剤。
せっせと集めました。


あと、腰痛用の小さいクッションも持ち込みました。


さて、手術当日、自分で持ち込んだ薬は、全て看護師さんに預けます。湿布薬意外。
また、手術当日は、自分では何もできないので、クッションを当てるにも、看護師さんにお願いする必要があります。
分かる所に置いておきました。

ラビさん、腰痛、大丈夫だった?



全く問題なし。 


理由は。。。


寝返り打てたから。


どうやって?


実はね。



手術後、もうろうとした意識の中で、足首が具合悪くて、モゾモゾしてました。


足先が伸びたままで、直角にできないのよ。。。
あれ、テーブルが邪魔してんじゃないサ。
なんか、やだ~~~~


「こうすりゃ、いいんだよ!」

ドクターが、立ちひざにしてくれました。
足をモゾモゾしていたとき、ちょど回診の時だったらしいのね。

何だか、空気ポンプみたいなの、くっつけられて、
でも、本人は、その器具を目で見て確認できたわけではないんだけれども。。。。


ドクターが出て行くとき、膝をまた元に戻していきました。

その後自分で両足、片足、と立ちひざにしてみましたところ。。。。。

足は、結構自由に動かせました。

私は、手がそれほど自由に動かせず、
術側ではない右手に、コールボタン、握らされていました。
だから、尿管が付いていたかどうかは、自分で確認する余裕なし。


とにかく、立ちひざができると言うことは、画期的なことでしたよ。
腰を浮かすことができます。
手術の痛みも出ません。



問題は、病院のマットレス。
低反発の、ズ~~ンと沈み込むタイプ。
腰を浮かすことができても、段差ができるのよね。
その段差を利用して、体の向きを変えたりしました。


「寝返りしても、術側を下にはしないでね。」


看護師さんから言われてました。反対側はOKとか。
足を使って、ちょっとずつ腰を動かし、仰向けだけではなく、右側(術側とは反対側)を下にしてねることもできました。


こうして手術当日の腰痛問題を、回避することができました。
ドクターが、立ちひざにしてくれたおかげです。

先生、ありがとうございました (*^▽^*)♪ 



本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 手術当日 入院準備 腰痛対策 整形外科 病院 ベッド 回診 立ちひざ

漢方薬は怖い(||゚Д゚;)ノ゙

2016.05.15.18:00

リアルタイムで、ダル~、オモ~

今まで平気だったことが、ある日、ちっとも疲れが取れず。。。
倦怠感は、一種の老化現象。


ハイ、TVの宣伝見て、薬局にビタミン剤買いに行きました。今から7~8年も前にさかのぼるよなぁ。

ある日、ドラッグストアーの店員さんから勧められた漢方薬。

ナンパオ。

効きますよwww。ちょっとお高いですけどね。
漢方薬ですから、体にも優しいし。。。
今セール中ですから、お得ですよ!


この、セール中と言う殺し文句にコロリと騙され、購入しました。


効く!


あのダル感が、嘘みたいに、消える!



ナンパオ。 田辺三菱製薬株式会社製造販売。


日本では、大手の製薬会社よね。
効能: 生薬31種配合。中年期以降における疲労倦怠感を伴う腰痛・肩こりに。


こうして、当初は、疲れた時だけ。。。
次第に、使用する回数が増え。。。
いずれ常用するようになってました。
でも、朝1回程度で、十分にその効果は持続してました。


抗がん剤治療が始まって、ダル、オモ感、再来。
すぐ疲れちゃう。。。

で、お助け役として手を伸ばそうと思ったのが、この薬。。。


主治医に聞いてみました。

「ナンバオ? 知らないけど。。。???
漢方って、いろんなもの入っているから、怖いんだよwww!」


実は、命の母Aは、禁止されてました。
更年期障害を緩和する、定番薬ですけどね。
私は、常用してました。
この話は、また後ほど、記事として書きます。


「今は、癌細胞、退治するのが最優先
漢方とかサプリとか、勝手に飲まないでよwww!」  by ドクター


ハイ、重々、承知しております。
絶対に、再発、転移したくないのは、自分自身ですから。。。。


さて、その後薬局に行って、聞いてみました。
ナンパオ、飲んでもいいんでしょうかね?  ←しつこいね!でも、ちょっとなら。。。と言う思いもあった。。。

薬剤師さん、調べてくれました。

そして。。。


ナンパオにも、命の母Aと同じ成分、含まれています。
主治医が、命の母Aを飲むな、と言うことであれば、ナンパオもやめておいた方が良いかと。。。



ええええぇ~~~~~エエー━━━━━((;゚Д゚))━━━━━!!?       



疲れをとる薬なら、ビタミン系の補充薬だとばっかり。。。
ホルモン系の成分も入っていたのwww????


早速ネットで検索してみたら。。。。
男性向きの滋養強壮剤としての効果もあるのですね。
つまり、男性ホルモンの補充。


ここに来て、自分の無知さ加減に、愕然と来ました。
なぜ、わたしが乳がんに? とはじめは思っていましたが。。。

こういうことしてたから、乳癌になったのよ!
自分の生活習慣が悪かったから、その必然として、乳がんになった!


私のイガイガ・コング(私のしこりの愛称ね)がオギャーと産まれたのが、7~8年前とすると。。。。

まさに、この頃、サプリとか、漢方薬とかに、手を出し始めたころ。
命の母Aを常用し、ついで、ナンパオ。

体の自然の摂理として、女性ホルモンの分泌が終結しようとしているまさにその時、

せっせと口から、ホルモン補給をしていました。
その結果、イガイガ・コングは、十分な栄養を取り、すくすくと成長したわけですな。

自分の無知の結果、私は乳がんを発症しました。
これは、どうやら紛れもない事実。

生薬由来の漢方薬は体にやさしい。。。

と言うアマ~~い誘惑に乗ったラビさんの責任。
何かに効果があると言うことは、どこかにそのしわ寄せも来ている!と言うこと、忘れてました。

勿論、命の母Aやナンパオを常用している人が、全員乳癌を発症しているかどうか。
がんの発症は、複合的な要因があるので、一概には結論付けられません。

でも、少なくとも、ラビさんの場合は、ハイリスク軍に所属して、そのうえ、長期間エストロゲンを補充してしまいました。

ばか・ばか・ばかぁ~~~! 私のバカ~~~!! 

なんてこと、やってたんだろwww~~~。
乳がん発症するくらいなら、飲む必要、なかったモン。
できることなら、プレイバックして、そこからリセットしたい私。


せめて、これから、再発・転移絶対阻止 に向けて、

生活習慣の改善、あるのみ!




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 漢方薬 ナンパオ 命の母A エストロゲン ホルモン剤 イガイガ・コング 倦怠感 更年期症状 再発・転移 生活習慣

つながり♪ と言う意味

2016.05.14.22:30

前記事の呼びかけに対し、多くの皆様からお声をいただきました。

ブログ書いてないけど、同じ境遇だよ、と言うお声も。

なんだか、私自身が励まされました。

ブログの力、単に情報収集だけじゃ、なかったのね。
逆に、今回、私自身が皆様から教えていただいたことでした。

がん宣告
うれしい人なんて、一人もいません。
不安だらけの右往左往から始まって。。。
身近に同時期に発症した患者さんなんて、普通はいないし。。。
手術を終えたら、もう大丈夫だよね、と思っている友人たちに、それ以上の話なんて、出来るはずもなく。。。

てか、言ってもわかってもらえるはず、ないわよね。
自分だって、想像だにしなかったんだから。。。


同時期に発症した患者さん同士。。。
あるいは、年齢が近いもの同士。。。

ねぇ、最近、どうよ? 

一日のカフェタイム。それが、ブログなのかな?
ブロ友、なのかしら?

私のブログが、たまたま今は上位にランクインしているので、そのコメント欄を利用しての、交流の場。
それが気分転換になり、つながりとなり、連帯感や安心感となる場になれば。。。
しゃべり場、と言うか、昔流に言えば、井戸端会議の場になれば、幸いです。

ただ、すみません。コメント欄、常時表示されていませんよね。
私自身がブログに詳しいわけではないもんで。
私が自分の意思で設定しているわけではなく、使用しているテンプレートまかせ。
ご不便でも、下のcommentと書いてあるところをクリックして、表示させてください。
たまに、表示されてますけどね。
また分かったら、カタカナ表記に直したいと思っています。

ご自身のブログの宣伝に使っていただいて構いません。
コメントは、どなたでも自由にできます。
他の方も、そのことをご理解の上、ご自身の判断でご利用ください。
明らかに、商用目的と思われるものは、削除いたしますので、ご了承ください。

ところで、右側のメールフォームを利用しての、コメントもいただいております。
ありがとうございます。
ところが、返信できない場合があります。

5月12日に送信し、@icloud.comご使用の内緒コメントさま。返信しましたが、送信不能で戻って来てしまいます。
PCからの受信を許可にしていただくか、あるいは、ブログ上で、返信したいと思います。
再送信がなかった場合は、前記事のコメント欄に、返信貼り付けておきますね。
個人情報はブログ上では一切公開しない主義です。
ブログ上での返信も、個人を特定できるような情報は、一切含まないよう、配慮いたします。


と言うわけで。。。
何とか、しゃべり場本体、ゆるゆると、再稼働。


だるい。。。疲れる。。。倦怠感。
ダル。。。オモ~~

更年期症状、真っただ中の、還暦過ぎてる、ラビさんです。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : つながり コメント欄 しゃべり場 井戸端会議 倦怠感 更年期症状

2016初発乳がん患者ビギナーズの皆様へ_情報共有しませんか? 

2016.05.12.19:00

私のブログ、初発乳がん患者ビギナーズですが、今のところ、ブログ村乳がんのジャンルで上位にいます。

目立つ位置にいますね。
人目につきやすいです。

多分マグレで、期間限定現象なんですけどね。。。

2016年5月現在で、最近手術をなさったとか、これからする、とか、


同じ初発乳がん患者ビギナーズで、ブログをお持ちの皆様。

下のコメント欄に、ご自身のブログの名前やアドレス、公開しませんか?

私のブログに遊びに来て、コメント残されている方。
ビギナーさんで、ブログお持ちで、ご自身の経験を公開されている方もいらっしゃいます。
リンク先が示されていると、他の方も訪問しやすいし、認知度も上がるのではないでしょうか。

私がブログを始めたきっかけ。
やはり、新しい情報が欲しかったからです。
患者ビギナーにとって、古い情報か、新しいものか、すぐには判別できませんでした。
ついでに、ビギナーズブログは、たいてい下位にランクされていて、私にはなかなか見つけられませんでした。

私のブログが上位にいるのも、期間限定でしょう。
ブログ村ランキングの上位から消えた時は、どなたか、新しい方で目立つ位置にいる方が、この役目を買って出ればよいのだと思います。

4月に退院した頃は、結構軽快にブログアップしていたラビさんでしたが。。。
このところ、息切れか。。。?
薬の副作用。。。って面もあるかも。

疲れてます。 倦怠感。
更年期障害の再来のような。。。
でもそうだとしたら、薬が効いている証拠、かな、なんて。
ちなみに、まだ休職中。復職したら、どうなることやら。。。
もっとも、年のせい、ってのもあるわね。


ブログ上、まだ入院してないラビさんですが。。。
ボチボチ、書いていくっきゃないっス。

初発乳がん患者さんの、最新手術・入院情報、アップされてますよwww
是非、足跡残して、他のビギナーさんと情報共有してくださいませ。

読ませていただいて、

   私のと違ってるwww

と感心している、ラビさんでした。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 初発乳がん患者 ビギナーズ ブログ 情報共有 ブログ村 入院 手術

腋の下、ピクピク~~

2016.05.11.19:00

突然ですが、リアルタイムのお話。

先日の夜、術側(私の場合は、左側)の腋(わき)の下が、ピクピク~~
脈拍に合わせてピクピク~~ってなってて、とっても不快。
痛いってわけでもないんだけど。。。

手術前も、手術後も、そんな風になった経験なし。

どうしたの

左手、左腕、よ~~く見ると

右手に比べて、ちょっとむくんでいるわね~~


実はその日、デパートにお買い物に出かけました。
お世話になった方たちに、快気内祝いを買わなくちゃ、ってことで。

今はやっているのが、いま、なおる!ってんで、今治タオルとか。
こんな情報、ネットで仕入れました。
冠婚葬祭、あんまり詳しくないもんで。。。

種類が多くて、選ぶの大変だな、とか思っていたら、ちゃんとギフトセットも用意されているのね。
普段、どんだけ、冠婚葬祭に疎いか、ってよく分かったわ。
のしもつけてもらって。。。

タオルセットだから、軽いよね。
それでも、術側の手に持つようなことはしなかった。。。。ハズとおもうんだけど。。。???


乳がん手術の、退院前オリエンテーションで、看護師さんから言われたこと。

「浮腫予防(術側の腕がむくんでしまうこと)として、術側の腕に、荷物かけて歩かないでね。」

リンパ郭清していない人でも、注意を受けました。
また、酷くなる前にむくみを発見する方法など、教えていただきました。

ウン、この知識で、わずかながら、左手がむくんでいること、突き止めました。

慌てて、入浴中、浴槽にて、左手のリンパドレナージュ。
入院するとき、病院からもらったパンフに書いてあったことを、実践しました。
割と丁寧に実践。
それに加えて、腋の下のマッサージ。
こちらは、入院中、リハビリでやっていただいていたことを、自分でやりました。

これが功を奏したようで、ピクピク~~も、夜寝るまでには、治まっていました。
次の日の朝には、むくみもすっかり取れていました。

よかったぁ~~! 


ここで、ハタと思い当ったのが、ハンドバッグ

お買い物袋を持ったら、ハンドバッグは、左手に引っ掛けてた!
重いもんじゃなし。。。

原因、これかぁ???

断定はできませんが、可能性、あるある。。。


リンパ浮腫の怖い話、2つかいておきます。
1.上述した退院オリエンテーションでの看護師さんからの話。

  乳がん手術から10年以上たったある日。庭木の剪定をしていて、リンパ浮腫を起こして、病院に来た事例。

  日常生活は、普通にやっていて良いそうですが、ほどほどに。
  手術後、何年経っても、こういう例、あるそうです。

2.どなたかのブログ記事で読みました。

  その方は、センチネル生検だけ。手術後何をやっても問題ない、と主治医に言われ、採血したり、子どもを抱いたりするとき、全く注意を払わなかったそうです。その後術側の手にリンパ浮腫発症。2度と昔の手に戻らなくなってしまったこと、ご自身のブログで嘆いていらっしゃいました。

  多くの人は問題なくても、なってしまうケースもあること、自覚しておいた方が良いと思いました。そして、いったん発症してしまうと、もう2度と元通りにはならない、と言うことも。

  この記事のおかげで、私は注意喚起できました。ありがとうございます。





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : むくみ リンパ浮腫 快気内祝い デパート お買い物 ハンドバッグ リンパドレナージュ マッサージ 庭木の剪定

良性 vs. 悪性

2016.05.09.19:00

術前検査の造影MRIで、本命のイガイガ・コング(私のしこりの愛称ね)の他にも怪しい光!が発見されました。

ドクターは、多分擬陽性だと思うと、所見を述べられました。

エコー上は、そら豆ちゃんスタイル。

ドクターが細胞診、する?と聞いたのに、温泉行くからやめとく!と答えたラビさん。

理由:
  本命の細胞診は、グレーだった!
  つまり、癌かもしれないし、そうでないかもしれない、と言う判定。
  イガイガ・コングは、針生検で、串刺しにされて、悪性だと判定された。
  そら豆ちゃん、細胞診で、クロと出るはずないじゃん。


このあと、ドクターがエコー画像上、なぜ擬陽性と判断したか、根拠を示してくださいました。


造影剤の影響で、癌細胞だと、針のようなトゲトゲが付きます。
イガイガ・コングには、ハリネズミみたいにトゲトゲがいっぱいくっついていました。
このトゲトゲが悪性の証拠。

かたや、そら豆ちゃん。
針が1本も付いていません。
つるんとしています。
針が付いてないので、良性のしこり、とドクターは判断したそうです。

この解説で、ラビさん納得。
温泉を、心行くまで、楽しもうと思ったのでした。
それに、術後は定期健診あるので、経過観察も可能だしね。


さて、いろんな検査をすべてクリアしたラビさん。
一つだけ、気になる数値がありました。
腫瘍マーカーのAFP値。
肝臓ガンとか、肝炎とか、肝臓の病気に関わる指標です。

7~8年前、健康診断のオプション検査で、引っかかりました。
当時、ギリギリオーバーで、10くらい。
造影剤を入れたCT画像を撮る精密検査をしました。
異常なし。

2~3年経過観察が続きましたが、肝機能自体の血液検査は全く異常値を示しませんでした。
結局、マァ、たまにそういう人もいるから。。。と言うことで、無罪放免となりました。

今回気になって数値を測ってみたら。。。

15


チビ、チビ、チビ。。。と、上昇は続けているのね。


CT画像上、異常なし。血液検査の肝機能も問題なし。
な~~んとなく、肝臓も気になるラビさんでした。





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 悪性 良性 しこり イガイガ・コング 細胞診 AFP値 腫瘍マーカー 肝機能

術前検査

2016.05.07.22:00

乳がんであることが確定し、入院手続きをし、術前検査の日程が決まりました。

造影CTとMRI. 
造影剤を入れると、モワ~~っと全身が熱くなり、へ~~んな感じです。
ウンウン、ブログで読んだわ。。。想定内。
お漏らし感は特にありませんでした。

担当看護師さんの話によれば、お漏らし、しちゃった!と焦る人もいるとか。
実際に、お漏らしはしてないそうですが。

パンティ・ライナーとか、薄型パッドとか、準備していれば良かったと思いました。
万一、なんかあっても、安心よね
ラビさん、ブログ徘徊していた割には、この対策、つかんでなかったのよ。

MRIは穴に乳房入れて、下を向いて撮るもの。
造影剤入れても、こちらは特に問題なし。

肺活量検査では、ちょっとショックでした。
以前、人間ドックでやった時に比べて、格段にダウン。

アリャー、これって老化?
運動不足気味かしらん。。。
結果は、年相応ではありましたが。。。
還暦過ぎると、ガクッと目に見えて体力落ちること、実証された感じでした。
意識的に早急に、対策とらんとあかん、っちゅーこって。。。

いろんな検査を終了して、入院前最後の診察。
診察室の前には、いつものようにたくさんの人が待っていましたが、すぐに呼ばれました。

造影MRIの画像。
左乳房側面にいるイガイガ・コング。← 私のしこりの愛称ね。
MRI画像上は、丸く光っているだけ。
他に、疑念を抱かせるような光は、確認されませんでした。 
↑ ここ、術後病理検査で重要になります!

ターゲット、ここね。確認!

右乳房。
今まで確認されなかった光がある!
右乳房、乳頭付近。


「これ、擬陽性だと思うんだけどね。」  by ドクター


擬陽性とは、癌ではないものを、癌としてピックアップしてしまうこと。
エコーで確認することになりました。

イガイガ・コングと違って、イガイガがなくて、まぁるいそら豆状。

「細胞診、しておく?」  by ドクター

そうですね、しときましょうか。。。
それって、非浸潤レベルのがんですか?

「 ちがうよ! 
ガンだと思ったら、医者として、検査するから!
多分、良性のしこり。」   by ドクター

なら、細胞診止めます!

手術の前に、温泉旅行の計画がありました。
やっと、初めやった細胞診の紫色のあざが消えて来たというのに、また新しいの、作りたくないわ。

てか、温泉か、ガンかって、どっちが大切や、と言う話でないの?、ラビさん。。。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 術前検査 造影CT, 造影MRI しこり イガイガ・コング イガイガ そら豆 細胞診 あざ

細胞診・針生検の結果

2016.05.05.21:00

3月初め、いよいよ、細胞診と針生検の結果を聞く日がやってきました。
家族と一緒に来るように言われていたのですが、お一人様なので、ビデオ撮影をご許可いただきました。
後で、遠方に住む家族に説明する、と言う理由で。

はじめにパソコンの画面に映し出された細胞の写真。

「ハイ、これがラビさんのがんです!」  by ドクター

イガイガ・コング、癌でした!

良性であれ! と言う、ラビさんの一縷の望みは、無残にも打ち砕かれたのでした。


マ、これが、私の【がん告知!】の瞬間でした。
ズ~~ッと、伏線ありましたんで。。。
はぁ~~って感じ。

針生検から2週間。
書籍による、乳がんの基礎知識も仕入れていたので、この時、うろたえることもありませんでした。
パニくり、うろたえていたのは、ブログ徘徊し始めた頃でしたね。


「細胞診の結果、知ってたっけ?」  ドクターが尋ねました。
まだですよ!

「結果はグレー。はっきりしなかったね。」

針生検で、はっきりクロが出ました。
針生検するんなら、細胞診、いらなかったんじゃないの?  ← 心の声。モチロン。


針生検の結果、書いておきます。説明・同意書として、文書でも渡されました。
(注: 術後病理検査で変わるんですけどね。この時点では、そんなこと、知る由もなし。)


術前所見:
  硬癌。ホルモン感受性陽性、HER2陰性、増殖能MIB-1 13.3%。グレード2.
  エコー上、14ミリの陰影。広範な乳管内進展は画像上なし。

予定手術術式: 
  乳腺部分切除+センチネルリンパ節生検


センチネルの説明とか、腋窩郭清とか、専門用語の解説・図解など、詳しい説明がありました。

術前検査の日程が決まり、入院手続きへと進みました。
術前検査で、骨シンチがなかったので、尋ねてみました。
昔はやっていたけれど、今は全員がやるものではないよ、とのこと。

これ、家に帰って調べたら、確かにそうしたガイドラインが日本乳癌学会のHP上でも示されていました。


(。´・ω・)ん? 古い情報、役に立たない?


2週間、ブログ徘徊して、集めた抗がん剤副作用関係の情報や手術情報。
いつ書かれた記事か、いつ体験されたものか。。。
そんなこと、チェックしてなかったし。。。

この時初めて、私がネットを駆使して調べた情報には、古いものもそのまま紛れていて、役に立たない事実を知ることになったのでした。

パニクってる時だから、かもしれないけれど、医療事情に詳しくないと、気づかなかった点かもしれない。。。
言い訳がましいかもしれないけど、病気ビギナー、あるある。。。かも。

例えば、ガーデニングなんかの情報検索するとき、どんな薬剤があるか、とか、いつどんな手入れをすればよいか、なんて、5年前の情報だろうが、関係ないですよね。クックパッドの情報集める時だって、いつ投稿されたのか、なんて、関係ないし。むしろ、新しい投稿よりは、古い方が、つくれぽなんかあって、情報として確かじゃん。

ところが、乳がんの情報集める時は、必ずしも、5年前の状況が、今現在そのまま当てはまるわけでもなかったのよね。
幸いにして、今まで病気関係について疎い人間は、そうした医療事情が分からないというか、全くノンポリと言うか。。。


TVでも、健康関係の番組は、好んで見ておりましたが。。。
そして、多分、その中には乳癌の話も、含まれていたのでしょうけれど。。。
右から左へと、風のように、抜けて行ってしまったようでした。


医療は、日進月歩。
だから、今は無理でも、もうちょっと踏ん張ってると、未来は開ける! ってことだわ。





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 細胞診、針生検、術前所見、硬癌、手術、乳房部分切除 病気ビギナー あるある

歯医者さんへ

2016.05.04.08:00

以前紹介した、NHK「ガッテン」流、スクワット。
いつも3日坊主のラビさんでも、続けられてます。
食べる前に3分、ってのが、決めてかな。
おやつや食事の準備して、そのあとタイマー・オンで3分スクワット。
ご褒美で、美味しいものが待ってるぜww
脚の筋肉が付いてきた、実感もありますよww。


さてさて。。。


                  



手術日が仮予約され、限りな~~く、【がん。。。らしい】状況になってしまったラビさん。

慌てて、歯医者さんに電話して、予約を入れました。
結構、混んでいて予約が取りにくかったのですが、「乳がんの手術を控えているので」と事情を説明して、突っ込んでもらいました。


なぜ、歯医者さんか。
ブログ記事情報から、重要だと思ったからです。

組織診の結果が分かるまでの2週間、ひたすらにブログ徘徊してました。
何をしてたのかと言いますと。。。

抗がん剤治療の副作用、その傾向と対策を、読みあさっていました。
先に手術が来るのですが、そちらの情報後回し。
真っ先に対策が必要なのは、抗がん剤。
どんな薬があるのか、どんな副作用か、どのように対処するといいか。
こんな口コミ情報、片っ端から集めてました。

その中に、歯科の治療は、抗がん剤治療に入る前の方が良い、とどこかに書いてあったからです。

フムフム。。。納得。。。


ここには、お一人様シニアたる事情がありました。


手術に関しては、とにかく入院しています。
何かあっても、すぐに対応可能ではないですか。

お一人様の事情をお話しし、自力で生活できるようになるまでは、ちゃんと病院で管理してほしいと、希望を伝えてありました。ドクターも、理解してくださいました。
まず、この点、安心
ちなみに、抗がん剤治療の不安も話しました。そうしたら、副作用が強い場合は、入院もありうるからと、心配しなくてよいことを、確認していただけました。
こうした安心感をもたらしてくださる主治医かどうか、ここは重要なポイントです



さて入院中に、万が一歯が痛くなったら。。。

そこは総合病院。歯科もあります。
何とかなるでしょう。。。←割とザッパなラビさん 


でもね。


抗がん剤治療は、通院じゃないですか。
手術が終わって、乳房切り取られて。。。多分まだ痛いでしょ。
抗がん剤治療始まって、オエー とか、吐き気とかに苦しみはじめたら、とっても歯の治療どころじゃなくね?
大体、歯科治療のポーズ、取れるんだろうか。。。???

それに、抗がん剤治療の副作用で、口内炎になるらしい。
ケナログ(口内炎の薬ネ)とか、保湿剤とか、歯医者さんで処方してもらえるらしい。
もらってこなくっちゃ!
そんなこんなで、とにかく歯医者さんに行きました。


論理の飛躍があるのは、パニクってる証拠。
手術の前に、その後予想されるであろう抗がん剤治療の事を考えて、歯医者さんに行きました。
抗がん剤治療、必要なの?と言うツッコミは、お受けできません。
この時点では、組織診の結果、まだ出てませんから。
大体、【がんです】告知、まだされてないし。。。 
 

歯医者さんでは、幸い虫歯もなし。
クリーニングだけしてもらって、OKでした。
口内炎の薬とか、保湿液のようなものは、実際に抗がん剤が始まったら、主治医から処方されるものなんだそうです。
確かに、自宅から一番近い病院(車で10分)なんだから、処方箋もらうの、それほど大変なことではなかったですね。

追記: 2016年5月9日に、そうこ様より次のようなコメントをいただきました。

「手術前に、麻酔の都合で歯が悪いと抜けてしまう可能性があるので、歯槽膿漏、歯肉炎、抜けそうな歯は治してくださいと(病院から)いわれました。」 (カッコ内、ラビ注)

歯医者さんには、行っておくべきもののようですね。 
そうこ様、貴重な情報、どうもありがとうございました。(2016年5月10日追記)




こんな風に、組織診(針生検です)の結果が出る前は、来るべき抗がん剤治療に向けて、準備を進めていたラビさんでした。
また、再発・転移、末期がんなど、重篤な事態をブログを通して知る結果となり、青ざめておりました。自分が、その中に置かれていること、初めて実感した時でもあったからでしょう。






本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : NHK ガッテン スクワット 歯医者さん 抗がん剤治療 ブログ徘徊 副作用 対策

セカンドオピニオン

2016.05.02.08:00

細胞診、針生検、CT、MRIと検査が終了すると、【がん。。。かも?】から【がん。。。らしい】に気分がシフトします。

それでも、まだまだ

イガイガ・コングよ、良性であれ!

と、一縷の望みは捨てていませんでした。

にもかかわらず、結果が出るまでの2週間、最悪の行動をとってしまったラビさん。

1.職場に連絡してしまった。
2.ブログ徘徊へと突き進んだ。

この失敗に関しては、ブログ始めたころに記事にしています。

ブログ徘徊→結果、不安MAX

乳がん患者ビギナーズ あるある(1)

乳がん患者ビギナーズ あるある(2)


人生の一大事に遭遇したわけですから、パニくるのは当然でしょうけど。。。

細胞診や針生検で、体内に散らばってしまった癌細胞。
頼りは、自分自身の免疫細胞のみ。
ストレスかけちゃ、自分で自分の首絞めてるようなもんだわサ。

ハイ、今考えれば、ごくごく当たり前のことなのよねぇ~~。
パニくってる時は、冷静に考えるゆとりが、ないんですな。


さて、針生検の後、手術日が仮予約されました。
主治医のK先生は、穏やかなベテラン医師。
2回しかお会いしていなかったのですが、その人柄は、信頼できそうな感じでした。
私の職業、家族構成など、いくつかの雑談もされました。
K先生の診察室の前だけ、いつも大勢の患者さんが待っている状態でした。

でも、本にも書かれている診療ガイドラインの通り、セカンドオピニオンをとる準備も、行いました。

私は地方都市に住んでいるので、首都圏と違って、それほど選択肢が多いわけでもありません。
でも、ちゃんと調べました。以下の項目です。

1.病院の症例数(乳癌)
2.乳腺外科の専門医か?
3.地元の口コミ

治療方針に関しては、私の場合、しこりサイズが14ミリだったため、標準治療以外の選択肢は考えにくかったです。

1は、総合病院の場合、HPで調べられます。
2は、日本乳癌学会のHPで調べられます。
3は、ネットも可能ですが、医療関係者から評判を聞きました。

この結果、自宅から一番近い現在の病院が、ベストの選択であることが分かりました。
結局、セカ・オピをする必要もない、と納得したのでした。

こうして、主治医が決まりました。
手術が終わった現在でも、この病院で、K先生に執刀していただけて、満足しています。
私の場合は、偶然良い主治医に出会うことができました。


主治医に関しては、ウマが合わなくて不快な思いをされる場合があることを、ブログで読みました。
ガンは、癌です。
今後の命がかかっています。
あせらずに、自分で納得できる選択をしたいですね。



本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

関連記事

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 細胞診 針生検 セカンドオピニオン 主治医 失敗

ポチっと、please!
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ことば

presented by 地球の名言

プロフィール

ラビ

Author:ラビ
2016年2月61歳で初発乳ガンが発覚。何で私が? と戸惑いつつも、まだまだこれから!経過を備忘録として綴ります。

3月:手術  
4月:ホルモン療法開始
6月:放射線治療開始


針生検および手術直後の3月下旬の段階では、硬癌、14mm、ステージⅠの早期がんと言われて、ホッとしていました。ところが、4月下旬に術後病理結果が判明した段階で、浸潤性小葉癌(多中心性)、16mm、グレード2、ステージⅡAの進行がんにグレードアップ(?)。ホルモン感受性陽性、HER2陰性、ルミナルA。

現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
これまでの閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
このブログの記事
お役立ちリンク
乳がん体験者のためのコミュニティサイトCheerWomanチアウーマン
図3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる