治療計画

2016.06.09.23:30

今日は、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんが33歳の若さで乳がんの治療中であることが報道され、TVでもちきりになっていますね。心穏やかに治療に専念できるよう、心よりお祈り致します。

さて、ラビさんのお話。
しばらく、リアルタイムで話題が進行しておりましたが、放射線治療、初期の副作用も一段落してきたようなので、少しお話戻します。

6月1日に書いた記事、術後病理結果を告知された日のおはなし、まだ途中でした。



手術前&手術直後 → 硬癌 ステージ1 早期がん 



だと思っていたら。。。




術後病理結果 → 浸潤性小葉癌(多中心性) ステージⅡA (センチネルではないリンパ転移あり) 進行がん 


その場で、ホケ~~ ッと、メモも取れず。
ビデオが、ちゃんと仕事をしていてくれました。
術後病理結果を聞くときは、ビデオカメラ、必需品かもしれませんね。


さてさて。。。


病理結果を聞いておしまいではありません。
続いて、今後の治療計画が話し合われます。

化学療法に関しては、もし提案されたら、または、選択を迫られた段階で、オンコタイプDX検査を受けようと思っていました。

しかし、主治医はそれを否定。

「増殖能が低く、ホルモン感受性の高いがんの場合は、化学療法の上乗せ効果はほとんどないんだよね。
小葉癌は、ホルモン療法の治療効果、高いから。。。」



ベテランドクターは、ちゃんと患者を安心させる一言を、付け加えるようです。
放射線治療25回とホルモン療法5年と決まりました。


「アロマターゼ阻害剤を使うけど、ジェネリックと先発、どっちにする?
ジェネリックの方が、3割ほど安いよ。」 
 


ここで、ちょっと悩みました。
理由は、ワンコの先生に言われた言葉。

我家のワンコ(大型犬)がアレルギー持ちで、薬代、結構かさみました。
そこで、ジェネリックをリクエストしたところ。。。


「犬専用の薬に、ジェネリックはないよ。
人間の薬を使う時も、ジェネリックは家では使わないの。
同じ成分のハズなんだけど、効果が3割ほど少ないんだよね。
これ、獣医の経験的知見。かなり多くの獣医が、同じような経験、持っているよ。」   by 獣医さん


この事が脳裏に浮かびまして。。。
結局、先発をチョイスし、フェマーラのパンフレットを渡されました。

処方箋を見たら。。。


え? 今日から飲み始めるの?


放射線治療は、別の病院に行けと告げられました。
この病院でやるんじゃなかったの。。。?
通うの、遠くなっちゃった。。。
診察の予約日が決まりました。


あれ? ホルモン療法と、放射線治療って、順番に行くんじゃないの?

 


私の病院は、同時スタートでした。
フェマーラは即日開始 (4月下旬)。
放射線治療は、予約日以降開始。


実は、放射線治療を6月開始にしたのは、温泉旅行だけがその理由ではありませんでした。

同時にスタートして、副作用がダブルで来たら、


どうなるの? わたし。。。??? 


結論から言いますと、私の場合は、両方とも、それなりに副作用がありました。
開始時期を1か月ずらしたことにより、副作用の時期もズレたので、私的には


結果オーライ!


フェマーラの副作用もありましたが、1か月以上経過した現在では、何とか気にならないレベルまで、落ち着いております。



 本日のバラ  


CIMG3123.jpg

バラ園で撮った写真を順番にアップしています。
ここから先のばら写真は、記名札はなかったようです。よって、名無し。と言うか、わかりません。





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 術後病理結果 治療計画 術前所見 ステージⅡA 進行がん 小林麻央 浸潤性小葉癌 フェマーラ 放射線治療 副作用

術後病理結果

2016.06.01.18:00

術後に、病理結果を聞いた記事は、なんと1か月以上も前、4月26日に号外として書いていました。

もう6月。
なのにブログ上は、ラビさん、やっと手術が終わって、病室に戻って来たとこ。
バァさまペースで、随分のんびり書いていますこと。。。
還暦過ぎた人の備忘録なんだから、別に構わないか。。。
でも見かけは40代にしか見えないんですけど。。。
要するに、気は若いけど、体力が付いて行かないんですな。


ブチブチ言ってるあたりは、やっぱりバァさまだ。
とにかく。。。

リアルタイムと、あまりに時間差が付いてしまったため、月も変わったところで、病理結果のご報告です。


退院後、2回目の診察日。
割と、早く呼ばれました。
この日も、一応ビデオ回してました。これ正解 
私の場合は、この時が一番混乱したから。


切除部分の肉片の画像の話から入りました。
ホルマリン漬けして、スライスした写真の説明。
白く見えているのが、イガイガ・コング(私のしこりの愛称)。

センチネルリンパ節への転移無し(3個)。よってリンパ郭清無し。

ところが。。。



しこりから3センチで切除したうち、乳頭に近い部分に1つリンパ節があったので、それを病理に回したところ、


転移あり。


「センチネルに行かずに、乳頭の方に流れてたんだね。」  by ドクター


この辺から、ラビさんアタマ真っ白け。。。
想定外の事態に、ポカ~~ん。。。

ドクターは、淡々と説明を続けているので、ビデオが記録を撮ってくれてます。

非浸潤癌もあったそうで。。。
ショウヨウガン、、、、とな?
それって、特殊癌でなかったか?
わたしなの???


想定内の質問をして見ました。

化学療法はやるんですか?

もし、どうするか、尋ねられたら、オンコタイプDX検査を受けるつもりでした。

「ラビさんのは、増殖能が低いホルモン感受性のあるタイプ。
化学療法をしても、上乗せ効果がほとんどないので、必要ないでしょう。」   by  ドクター 


化学療法が入る可能性は、想定していたんですけどね。。。
ブログ徘徊してかき集めた、副作用の攻略法。
結局、必要なかったのね。。。


「小葉癌は、転移しやすいと言われています。
でも、断端陰性なので、病巣は取り切れました。
ホルモン療法が効きやすいガンと言われています。」   by  ドクター



あくまでも冷静で、決してネガティブなことは言わない、ベテラン先生でした。


術前検査では、硬癌だったのよね。
特殊癌に変更するとは。。。

そっちかい! 




参考までに、私の病理結果の詳細、書いておきます。

ER 8
PgR 7
HER2 0
MIB-1 13.3%
ルミナルA ホルモン感受性のある増殖能の低いガン
術式 左乳房部分切除+センチネルリンパ節生検

組織学的腫瘍径 16mm (=浸潤径)
組織型分類  浸潤性小葉癌(多中心性)
組織学的悪性度 Ⅱ
乳管内進展 1㎝ 未満
断端 陰性
リンパ節転移 あり
最大径2mmの非浸潤性小葉癌あり。
ステージⅡA 進行がん




 今日のバラ  

バラ園で撮ったお花を、順番にアップロードしています。
本日は、ブルームーンです。

CIMG3117.jpg




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 病理結果 浸潤性小葉癌 ビデオ 非浸潤性小葉癌 ルミナルA 転移 ホルモン療法 化学療法 ステージⅡA 進行がん

ポチっと、please!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ことば

presented by 地球の名言

プロフィール

ラビ

Author:ラビ
2016年2月61歳で初発乳ガンが発覚。何で私が? と戸惑いつつも、まだまだこれから!経過を備忘録として綴ります。

3月:手術  
4月:ホルモン療法開始
6月:放射線治療開始


針生検および手術直後の3月下旬の段階では、硬癌、14mm、ステージⅠの早期がんと言われて、ホッとしていました。ところが、4月下旬に術後病理結果が判明した段階で、浸潤性小葉癌(多中心性)、16mm、グレード2、ステージⅡAの進行がんにグレードアップ(?)。ホルモン感受性陽性、HER2陰性、ルミナルA。

現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
これまでの閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
このブログの記事
お役立ちリンク
乳がん体験者のためのコミュニティサイトCheerWomanチアウーマン
図3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる