職場への連絡一考

2016.07.02.19:00

イデデ。。。

首が回らんの

リアルタイム、本日朝の話。

寝違えたのかしら?
夕方になっても、この痛み、取れません。
お買い物に行っても、駐車場で、首が回らなくて。。。


で。


ダル・オモ・フラフラは。。。?

放射線治療の副作用と思しき症状は、出ておりません。
こちらは良かったんですが。。。
週末は、やっぱりご難続きの、ラビさんです。


気の毒なラビさん、慰めてくれるかのように、ウグイスが近くに来てなきだしました。

ところが。。。


下手くそ 


ホ~ ケキョケキョ。。。  


幼鳥なんですね。 これから、上手に鳴けるようになるまで、練習するんだね。
頑張れ、若葉マークのウグイス君。



さてさて。。。

           


前々回、入院準備の持ち物メモの記事をアップしたとき、過去に書かけの記事があったことを書きました。

入院記事の途中ではありますが、入院前にしなくてはならないこと、アップ忘れですので、今入れておきます。


入院前準備、と言うよりは、乳がん発覚後、仕事をお持ちの方であれば、必ず考慮しなくてはならないのが、職場への連絡をどうするか。

これ、初めから現在に至るまで、失敗続きのラビさん。
対応を間違えると、こうした憂き目にあいます。


1.いつ、職場に伝えるか?

  私は、【がん。。。かも?】の時点で、関連する人々に連絡して、失敗しました。
  ただただ、他の人に迷惑をかけてはいけない、との、(自分的には同僚への)配慮から出た行動でした。

  大失敗!

少なくとも、私の職場では、私の健康を心配してくれたわけではありません。
4月~3月のスパンで、仕事が回っている職場ですと、新年度のシフトをどうするか、これが一番重要視されます。
私が職場に伝えたのは、2月。新年度の予定を組んでいる真っ最中。
私を戦力として使えるのか否か。職場にとっては、ここが重要になります。
ここで、戦力離脱、となれば、どうなるか。。。
もう少しの思慮が必要でした。

要するに、私が、単なるKYにすぎなかったのね。
身から出た錆 と言えなくもないけど。。。
  
完全に、休養するつもりであれば、それも良し。
でも、お一人様だと収入の問題もあるし、退職金の評価額にも影響します。
この辺は、よ~~く考えて、行動すべきところでした。


2.欠勤の期間をどれくらいにするか。?

ガンで、入院・手術となれば、欠勤届が必要になります。
元気であれば、出来るだけ早く職場復帰して、お給料を満額受け取りたい。
さりとて、無理は禁物

相手は、手ごわきガン細胞
ちょっとでもスキを見せたら、すぐにでも勢力盛り返してきますからねぇ。

主治医からの診断書は、「入院2週間、自宅療養1~2か月」となっていました。

この「 ~2か月」の記述がトラブルのもと。

職場は、穴をあけるわけにはいかないので、2か月半も休むのであれば、と戦力外と判断しました。
一方、私は、元気になった時点で、復帰したい、との希望。
すでに穴埋めの人材補てんをしているので、職場も余分な給料払いたく無し。

現時点では、リストラの可能性すら、浮上しています。
シニアの場合は、早期退職を促されることにもつながりかねない状況を、作りだしてしまいます。

かなり、シビアな状況。


3.労働争議に持ち込めるか?

労働基準監督署の労働相談コーナーに行って、聞いてみました。
労働基準法によれば、即日解雇はできないけれど、雇用の継続あるいは打ち切りを含め、すべての裁量は、雇用主の側にあるそうです。
また、労働争議となった場合は、弁護士を立てて、裁判で争う必要が出るとか。
そして、この弁護士費用、莫大な費用が掛かります。
無料相談の機会もありますが、労働争議となった場合、どの程度積極的にやってくれるか、弁護士によってかなりの違いがあるそうです。

今できる対策は何か? が、知りたいですよね。
法律事務所で働いたことがあって、気軽に相談できる友達を持っておくことです。
私の場合は、幸い、こうした友人がいました。
その友人に相談できたことで、今後の対応を誤らずに済みました。
もしあの時、相談していなければ。。。

墓穴を掘っていたかもしれません。

現時点では、まだ結論は見えていません。
どうなりますか?

とにかく、出発点を誤ると、その後のフォローが非常に難しくなります。
ますます、泥沼にはまって行く、と言いますか。。。

自分の代わりは、いくらでもいる。
長く務めたとしても、結局のところ、使い捨てでしかないのよね。。。

そう言う職場で、私は給料をいただいている、と言うことだけなんですけども。






 本日のバラ  

バラ園で撮った写真を、順番にアップロードしています。

CIMG3210.jpg

観覧車から見たバラ園。バラの花をかたどって、作られているそうです。
今日で、バラ園の写真は、終了です。





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 仕事 入院 手術 職場 連絡 同僚 欠勤届 復職 早期退職 労働基準監督署

【入院準備】持って行くものメモ

2016.06.28.23:00

よくコメンㇳをお寄せ下さる、 もんさん。
手術を来週に控えられているそうです。

そうそう、私のブログは、乳がん患者ビギナーズさま対象。
私も、「がん。。。かも?」な状態から、手術まで、不安な日々を過ごしてました。

入院準備グッズの記事も書いたっけね。。。???

ありゃ?  書きかけ…?

あっちゃ~~

途中で、放りっぱなしになってたわぁ~~


GW明けに書きかけで、その後すっかり忘れ去られておりました。


と言うことで、話の順番が、かなりゴチャゴチャになりますが。。。
ワタクシ、現役、乳がん治療中の患者様と言うことで。。。
こんなこともあらぁ~~な。

バァさま特有の、言い訳が長くなりました。

持って行くものリストを作ろうとしていましたが、まだメモの段階です。
ちゃんと整理しないと、とは思いつつ。。。
この点、お役立ちサイトにリンクを張っているチア―ウーマンさんが、早くリストを完成してくださることを期待します。
いつまでたっても、「準備中」のままジャン。。。


とりあえず、ラビさんの場合は。。。

まずは、病院のリスト。
次に他の方のブログを参照して、揃えました。
お一人様は、ナンセ、途中で持ってきてもらうこと、出来ませんからねぇ。

と、用意周到に準備したつもりでも。。。
使わなかったものが多かった半面、結局必要になって、後から持ってきてもらったり。

入院おそろえグッズ、万人共通と言うわけでもなさそう。


おまけに、ラビさん、入院予定期間2週間だったのよ。
お一人様シニアのため、完全に元気になるまでは、入院させて!とお願いしていました。
中途半場で退院させられても、困るもの。
とにかく、大荷物になりました。



【他の方のブログから準備したけれど、使わなかったもの】

1、延長コード  → 使えるコンセントはたくさんあった。
2.腰痛用クッション → 腰痛にならなかった!(ラビさん、腰痛持ちなんですけどね。)
3.大量の下着 → すぐに自分で洗濯機や乾燥機使えたので、多すぎた。
4.パジャマ4つは多かった。


【持って行って良かったもの】
1.ハンガー → クローゼットには2つしか入っていなかった。
   タオルをかけたり、前開きシャツを干したり。
   ここで、前開きシャツ、大きめのもので、タンブラー乾燥可能な物を買っておけばよかったと後悔。
   ガーゼのパジャマも、タンブラー乾燥不可となっていて後悔。
   購入するとき、乾燥機の使えるものを買わないと、病院では干す場所に苦労します。

  おまけ: 退院日が月曜だったので、日曜日の夕方、シャワーを浴びた後、洗濯しました。これが災いのもと。日曜日は、洗濯機の需要が、格段に高まるようです。洗濯機の方は、運よく1台空いていたから、よく考えもせずに洗濯始めたら、乾燥機がいつまでたっても空きません。結局、全部部屋干しすることに。
でも、これが可能になったのも、個室のメリットだわね。

2.洗濯ばさみ付の物干しハンガー。
  ソックスを干したり、バスタオル、干したり。

3.腰痛対策として持って行った痛み止め(処方薬)と、貼り薬。
  腰痛にはならなかったのですが、ロキソニンは手術後しばらく飲んでました。痛み防止用。
貼り薬は、別の用途で、重宝しました。何が起こるか、分からんもんです。

4.胸帯(リマンマ)を指定されている病院の場合は。。。
  放射線治療が予定されている場合は、ブラウンを買った方が、後後便利です。放射線治療中に、マーカーで汚れるから。
ピーチ色のでも、ワイドハイターで汚れは落ちますが、ブラウンなら、気にせず使えます。

5.サーモ付水筒
  コーヒーを飲むとき便利。
  でも、初めから個室と決めていれば、電気ポット持って行けばよかったと思います。

【持って行けばよかったもの】
1.ハンドタオル・ゲストタオル
   初めに2枚しか持って行かなかったので、後日ご近所さんに頼んで、追加で持ってきてもらいました。
   近所にお友達がいることは、絶対に必要なことね。

2.お薬の錠剤を半分にするグッズ
   眠剤を持ち込み処方薬として持ち込んだのですが、何と病院では半分にしてくれません。手術の前日にわかったので、弟に家から持ってきてもらいました。実は、後日、薬局の方から半分にして出してはくれたんですけどね。

3.ペティナイフ
   これも、手術の前日にわかったので、弟に家から持ってきてもらいました。冷蔵庫付だったので、オレンジを買って、病室で食べていました。美味しかった!柑橘系の香りも、手術後は欲していたみたい。

4.昔のブログ記事にも書きましたが。。。
  マスク、トローチ、漢方薬はNG しっかり持てる水のペットボトル

5.無添加の石鹸
  旅行用の、小さい石鹸は持って行ったんですけどね。結局、大きいのを買いました。
(なんでかね? 今考えると、意味不明。。。?)


【リストになくて持って行ったけれど、使わなかったもの】
1.ウェットティッシュ 
  室内に洗面台もついていたので、使う必要なかったです。

2.介護用品の、大判のウェットティッシュ
  入浴できない時に、使うかと思ったけれど、使いませんでした。
  必要性が書いてあったブログは読まなかったので、皆さん、必要とはしないようですね。


また、何か思い出したら、どこぞにメモしておきたいと思います。
すでに手術から3か月経過。やっぱり記憶は、薄れて行くようです。シニアだと、なおさら。。。



 本日のバラ 

バラ園で撮った写真を、順番にアップしています。
CIMG3156.jpg






本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 乳がん患者ビギナーズ 入院準備 リスト 持って行くものメモ

良性 vs. 悪性

2016.05.09.19:00

術前検査の造影MRIで、本命のイガイガ・コング(私のしこりの愛称ね)の他にも怪しい光!が発見されました。

ドクターは、多分擬陽性だと思うと、所見を述べられました。

エコー上は、そら豆ちゃんスタイル。

ドクターが細胞診、する?と聞いたのに、温泉行くからやめとく!と答えたラビさん。

理由:
  本命の細胞診は、グレーだった!
  つまり、癌かもしれないし、そうでないかもしれない、と言う判定。
  イガイガ・コングは、針生検で、串刺しにされて、悪性だと判定された。
  そら豆ちゃん、細胞診で、クロと出るはずないじゃん。


このあと、ドクターがエコー画像上、なぜ擬陽性と判断したか、根拠を示してくださいました。


造影剤の影響で、癌細胞だと、針のようなトゲトゲが付きます。
イガイガ・コングには、ハリネズミみたいにトゲトゲがいっぱいくっついていました。
このトゲトゲが悪性の証拠。

かたや、そら豆ちゃん。
針が1本も付いていません。
つるんとしています。
針が付いてないので、良性のしこり、とドクターは判断したそうです。

この解説で、ラビさん納得。
温泉を、心行くまで、楽しもうと思ったのでした。
それに、術後は定期健診あるので、経過観察も可能だしね。


さて、いろんな検査をすべてクリアしたラビさん。
一つだけ、気になる数値がありました。
腫瘍マーカーのAFP値。
肝臓ガンとか、肝炎とか、肝臓の病気に関わる指標です。

7~8年前、健康診断のオプション検査で、引っかかりました。
当時、ギリギリオーバーで、10くらい。
造影剤を入れたCT画像を撮る精密検査をしました。
異常なし。

2~3年経過観察が続きましたが、肝機能自体の血液検査は全く異常値を示しませんでした。
結局、マァ、たまにそういう人もいるから。。。と言うことで、無罪放免となりました。

今回気になって数値を測ってみたら。。。

15


チビ、チビ、チビ。。。と、上昇は続けているのね。


CT画像上、異常なし。血液検査の肝機能も問題なし。
な~~んとなく、肝臓も気になるラビさんでした。





本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 悪性 良性 しこり イガイガ・コング 細胞診 AFP値 腫瘍マーカー 肝機能

術前検査

2016.05.07.22:00

乳がんであることが確定し、入院手続きをし、術前検査の日程が決まりました。

造影CTとMRI. 
造影剤を入れると、モワ~~っと全身が熱くなり、へ~~んな感じです。
ウンウン、ブログで読んだわ。。。想定内。
お漏らし感は特にありませんでした。

担当看護師さんの話によれば、お漏らし、しちゃった!と焦る人もいるとか。
実際に、お漏らしはしてないそうですが。

パンティ・ライナーとか、薄型パッドとか、準備していれば良かったと思いました。
万一、なんかあっても、安心よね
ラビさん、ブログ徘徊していた割には、この対策、つかんでなかったのよ。

MRIは穴に乳房入れて、下を向いて撮るもの。
造影剤入れても、こちらは特に問題なし。

肺活量検査では、ちょっとショックでした。
以前、人間ドックでやった時に比べて、格段にダウン。

アリャー、これって老化?
運動不足気味かしらん。。。
結果は、年相応ではありましたが。。。
還暦過ぎると、ガクッと目に見えて体力落ちること、実証された感じでした。
意識的に早急に、対策とらんとあかん、っちゅーこって。。。

いろんな検査を終了して、入院前最後の診察。
診察室の前には、いつものようにたくさんの人が待っていましたが、すぐに呼ばれました。

造影MRIの画像。
左乳房側面にいるイガイガ・コング。← 私のしこりの愛称ね。
MRI画像上は、丸く光っているだけ。
他に、疑念を抱かせるような光は、確認されませんでした。 
↑ ここ、術後病理検査で重要になります!

ターゲット、ここね。確認!

右乳房。
今まで確認されなかった光がある!
右乳房、乳頭付近。


「これ、擬陽性だと思うんだけどね。」  by ドクター


擬陽性とは、癌ではないものを、癌としてピックアップしてしまうこと。
エコーで確認することになりました。

イガイガ・コングと違って、イガイガがなくて、まぁるいそら豆状。

「細胞診、しておく?」  by ドクター

そうですね、しときましょうか。。。
それって、非浸潤レベルのがんですか?

「 ちがうよ! 
ガンだと思ったら、医者として、検査するから!
多分、良性のしこり。」   by ドクター

なら、細胞診止めます!

手術の前に、温泉旅行の計画がありました。
やっと、初めやった細胞診の紫色のあざが消えて来たというのに、また新しいの、作りたくないわ。

てか、温泉か、ガンかって、どっちが大切や、と言う話でないの?、ラビさん。。。




本日もご訪問いただき、どうもありがとうございます。
↓ ↓ ↓ ポチっと、押していただけると、励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

theme : 乳がん闘病記
genre : 心と身体

tag : 術前検査 造影CT, 造影MRI しこり イガイガ・コング イガイガ そら豆 細胞診 あざ

ポチっと、please!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ことば

presented by 地球の名言

プロフィール

ラビ

Author:ラビ
2016年2月61歳で初発乳ガンが発覚。何で私が? と戸惑いつつも、まだまだこれから!経過を備忘録として綴ります。

3月:手術  
4月:ホルモン療法開始
6月:放射線治療開始


針生検および手術直後の3月下旬の段階では、硬癌、14mm、ステージⅠの早期がんと言われて、ホッとしていました。ところが、4月下旬に術後病理結果が判明した段階で、浸潤性小葉癌(多中心性)、16mm、グレード2、ステージⅡAの進行がんにグレードアップ(?)。ホルモン感受性陽性、HER2陰性、ルミナルA。

現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
これまでの閲覧者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
このブログの記事
お役立ちリンク
乳がん体験者のためのコミュニティサイトCheerWomanチアウーマン
図3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる